価格を知ること

アパートの室外機と窓

賃貸アパートは、投資物件の中でも最もポピュラーなカテゴリーである。そのために個人だけではなくて法人が投資物件を探す場合にも、アパートに注目するのが一般的である。特に近年では不動産市場の情報公開と活性化が進んでいるので、中古物件の取引も活発である。したがって3000万円前後で購入可能な物件も多く、個人が一棟売りの物件を購入する場合でも、多様な物件から選べるであろう。また投資用物件の情報サイトでは激安な物件情報も紹介されているので、1000万円未満の物件を選ぶ投資家も増加中である。特にアパート経営の経験のある人の場合には、激安物件を購入したうえでペンキの塗り替えや壁紙の張り替えも自前で行えるので、物件の価値を高めることも可能である。

昭和30年代や40年代であれば、アパートの所有者が不動産を処分する場合には、地元で買い手を探していたのが一般的である。しかし不動産価格が著しく上昇したバブル期であれば、投資物件を探している不動産会社の活発な取引が特徴的であろう。更にインターネットの普及が不動産取引を大きく変えたために、現在では地域を問わずに自由自在な取引が可能である。そのために最近の10年程度の間に、投資物件の流動性が昔と比べて著しく高まった点も特徴的であろう。また不動産の買取を行う業者も増えたので、必要な時にすぐに現金化できる点も魅力的である。したがって今後も個人が積極的に不動産投資を行うことで、アパートの市場も更に活性化するであろう。