担保評価を高める

アパートの室外機と窓

不動産投資をするのであれば中古ワンルームマンションよりも1棟アパートの保有を目指しましょう。不動産投資の入り口として中古ワンルームマンションを保有することは問題ありません。しかし、いつまでも中古ワンルームマンションにこだわるのではなく、どこかのタイミングで1棟アパートにチャレンジしてみましょう。なぜならば、中古ワンルームマンションと1棟アパートでは資産価値が異なるからです。中古ワンルームマンションは区分所有という形で所有権を持つことができますが、土地も分割されてしまっています。一方で1棟アパートの場合には建物も土地もすべて自分のものとなり、中古ワンルームマンションへ投資をするよりもまとまった土地を得ることができます。

このまとまった土地を持っているということはその後の不動産投資においてとても重要です。金融機関は投資物件を購入するための資金を融資する際には建物も考慮しますが、土地を重視します。なぜならば、建物は劣化しますが土地は劣化しないからです。しかも更地にすれば高く売ることができます。中古ワンルームマンションをいくつも保有していても、担保評価はなかなか上がりません。投資物件を継続的に買っていくのであれば、1棟アパートに優位性があるのです。融資を受けて投資物件を購入すればレバレッジを効かせることができます。担保評価の高い投資物件を購入し続ければ運用の効率性はどんどん上がり飛躍的に収益を拡大させることができます。